かぎわけログ

独自に取り上げたニュースや話題を配信していきます。

アルコール

お酒を飲んだ後は自転車は歩いて押す?飲酒運転になってしまう境界線

投稿日:

「居酒屋などでお酒を飲んだ後は、自転車に乗って自宅に帰っている」という方はいませんか?

「車やバイクなどの酒気帯び運転はだめだけど、自転車なら許されるのでは?」と考えて自転車に乗って飲みに行く方もいると思います。

私も以前はそんなことをしていました。

自宅から自転車に乗って駅前近くの駐輪場にとめて、飲んだ後はまた自転車に乗って普通に帰っていました。

「お酒を飲んだ後に自転車に乗ると夜風が気持ちいい」とか思っていましたが、お酒を飲んで感覚が鈍った上に暗い夜道で自転車に乗るのは、やっぱり危険ですよね。

どこかにぶつかって自分がけがをすることもありますし、人にぶつかって相手にけがをさせたら大変ですよね。

お酒を飲んだ後は自分ではあまり気づかないですが、意外と感覚が鈍くなっています。

今は車が走る車道だけでなく、歩行者や自転車が通る道でも警察の方が見張っています。

夜に自転車に乗っていると警官から呼び止められることもありますが、その時に自転車の酒気帯び運転がばれてしまうとどうなるのか?

 

自転車の酒気帯び運転が警察に見つかったときの話

道路交通法65条第1項には「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない」とあります。

この「車両等」というのは「自動車」「バイク」のほかに「自転車」も含まれています。

「車やバイクと違って自転車は免許が必要ないし、人の力でこぐんだから違うんじゃないの?」と難癖をつけたくもなりますが、「車両等」と書いてある時点で言い逃れができなくなります。

ということは、お酒を飲んで酔っぱらった状態で自転車に乗っていると、上記の条文が適用されて懲役や罰金が科せられる可能性もあります。

私の知り合いも、飲み会の帰りに酔った状態で自転車に乗っているところを警察官にとめられて、名前や住所を聞かれて自転車の防犯登録の番号を無線で確認した後に「お酒飲んでいますか?」と聞かれたそうです。

恐る恐る「はい」と答えたら、「気をつけて帰ってください」と言われただけで帰ることができたそうです。

おそらくですが会話などから「酒酔いの状態でない」と警察官が判断したため、何も言われなかったのでしょうね。

 

「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」の違い

実は飲酒運転には「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」という2つの罰則があります。

罰則が重いのは、平衡感覚がマヒするほどぐでんぐでんに酔っぱらっている「酒酔い運転」です。

「酒酔い運転」か「酒気帯び運転」どうかは、客観的にみてお酒で酔っているかどうかで判断されます。

そのときに出会った警察官の主観で判断されるのです。

知人はそれほど酔いが回っていない「酒気帯び運転」と判断されて何も言われなかったのですが、車でなくて自転車でも「酒酔い運転」と思われたら、それなりのおとがめは受けたのでしょうね。

 

お酒を飲んだ後は自転車に乗らないほうがいい理由

警察官も自転車に乗っている人を職務質問して、酔っているのが分かった時にどう判断するかわかりません。

2015年6月1日の道路交通法の改正で、自転車の取り締まりも厳しくなりました。

それまでは酔って自転車に乗っていても「危ないから気をつけてね」ぐらいの口頭注意でしたが、今では一定の危険な違反行為をして2回以上摘発された自転車運転者は講習を受けるようになっています。

この講習を受けなかった場合は、5万円以下の罰金になります。

やっぱり、お酒を飲んだ後は自転車には乗らないほうがいいですね。

1杯のビールで「酒酔い運転」の状態にまでになってしまうのであればなおさらです。

酒に酔った勢いで自転車を運転してスピードを出し過ぎたり、酔った不注意で歩行者や他の自転車にぶつかれば相手に大きなけがを負わせることもあります。

自分でも大きなけがを負ってしまうこともあります。

法律が厳しくなった背景には、全交通事故件数が減っているにもかかわらず、自転車と歩行者の事故が増えているという現状があります。(自転車の安全利用促進委員会より)

2011年には628人の方が自転車事故で亡くなっているのですが、その約半数は70歳以上のお年寄りです。

高齢者の場合、事故にあった際に重症化するケースが多いんだそうです。

自転車にぶつけられたのが原因で亡くなる方も多いので、加害者にならないように本当に気をつけましょう。

多少酔っている状態でも自転車から降りて、自転車を押しながら歩くのは「歩行者」になりますから罰せられることはありません。

酔ったときは多少酔いを冷ましてから歩いて帰るか、電車やバスやタクシーを使ったり、知人が運転する車に乗せてもらうなどして帰ったほうがいいですね。

自転車も車と同じく「飲んだら乗るな」ということです。

警察官も自転車がよく通る場所で気づかれないように隠れていて、「はい、ちょっと止まって」と突然現れることもありますから。

「えっ、そこにいたの!」とびっくりするときもあります。

皆さんも自転車に乗るときは気をつけてくださいね。

 

-アルコール

           

関連記事

お酒を飲む前にできる!効果てきめんの二日酔い対策

友だちと一緒にお酒を飲みに行ったときや、会社でおこなわれる飲み会などで、酔った勢いではめを外して、お酒をゴクゴク大量に飲んでしまったことはありませんか。 そして気持ち悪くなって動けなくなったり、酔った …

毎日ビールやハイボールなどのお酒を飲む習慣を断ち切りたいときは?

いきなりですけど、「あなたは毎日お酒を飲んでいますか?」 ・・・・・ ・・・・・ 「毎日飲んでいますけど、何か?」という方も多いのではないでしょうか。 仕事が終わって帰宅してから、ビールやハイボールや …

禁酒はダイエットに最適!一人飲みをやめると得られる3つのメリット

「仕事が終わってからお酒を飲むことが習慣になっている」という方は多いと思います。 私も以前はそんな感じで、仕事終わりにビールやハイボールを家で一人で飲むことが毎日の習慣になっていました。 お酒を家に買 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください