お酒を飲む前にできる!効果てきめんの二日酔い対策

食事

友だちと一緒にお酒を飲みに行ったときや、会社でおこなわれる飲み会などで、酔った勢いではめを外して、お酒をゴクゴク大量に飲んでしまったことはありませんか。

そして気持ち悪くなって動けなくなったり、酔った後の記憶をなくしたり、朝起きたらものすごい頭痛と吐き気で何もできなくなって動けないこともあります。

そんな経験をすると「もう二日酔いはイヤだ!」とその時は思うのですが、しばらくするとそんなことも忘れて、またお酒をたくさん飲んで同じ苦しみを味わうなんてこともあります。

私もそんなことを繰り返していました。

ぐでんぐでんに酔っぱらって、そのままフラフラしながらなんとか家には帰ったけど、ひどい二日酔いになって、苦しい中でまったく学習しない自分にあきれたこともありました。

翌日が仕事のときはもう最悪でしたし、次の日が休みでも二日酔いで体調が悪くて1日中寝込んでいて、貴重な休日を無駄にしてしまうし。

本当にお酒の飲み過ぎにいいことなどありません。

そんな中でも私なりに「二日酔い対策」を編み出してみました。

これは誰でも簡単にできることなので、ここで紹介したいと思います。

 

二日酔いになるメカニズム

「なぜお酒を飲みすぎると頭が痛くなったり、気分が悪くなって吐き気がしたり、二日酔いが起こるのか?」をネットでいろいろと調べてみたのですが、小難しいことを抜きに簡単に説明すると、

お酒を飲むと肝臓でアルコールの処理がされます。

そのときに「アセトアルデヒド」という有害な物質ができます。

この毒性の強いアセトアルデヒドが、血液中を流れて体中をかけめぐることによって、頭痛やだるさ、嘔吐、食欲不振などを引きおこすといわれています。

そして体内でアルコールが分解される時に大量の水分や糖分、ミネラルが消費されます。

特に脳は、水分が不足して細胞が縮んだ状態になり、これが頭痛などの激しい痛みの原因の1つとなります。

こうしたことが二日酔いの原因と言われています。

二日酔いの対処法

二日酔いにならないための予防法や、なってしまったときの対処法などはいろいろとあります。

それぞれの状況においてできる対処法を挙げてみますと、

飲酒前

・空腹でお酒を飲まない

・ヘパリーゼやウコンなどの二日酔いの予防・回復ドリンクを飲む

・水分補給をしておく

飲酒中

・適量を守る

・一気飲みやちゃんぽんをしない

・お酒と一緒に水分も取る

飲酒後

・味噌汁やリンゴ、オレンジジュースを飲む

・栄養ドリンクを飲む

・水やスポーツドリンクで水分補給する

・できるだけ睡眠時間を取る

・熱いお風呂やサウナに入らない

などいろいろあります。

特に「お酒の適量を守る」とか「水分補給」などは、二日酔いにならないために重要なことです。

「自分がどういう種類のお酒に弱くて、どのくらいの量を飲んだら具合が悪くなってしまうのか?」はしっかり把握しておきましょう。

ビールやハイボール、焼酎、日本酒、シャンパン、ワイン、ウォッカ、ウイスキー、ブランデー、バーボン、テキーラなど、ほかにもお酒がありますが、いろんな種類を一度に飲むと悪酔いしてしまいます。

自分で飲みやすいお酒だけに絞って飲んだ方が悪酔いもしません。

そして、その飲みやすいお酒の適量はどのくらいなのか、だいたいでいいですから見極めておくことです。

それがわかっていないと、簡単にお酒に飲まれてクラクラしてしまいますから。

会社の飲み会のときなどは、まわりから飲むことを強要されて断りづらいときもあります。

人からお酒を勧められた時もなるべく自分のペースでゆっくり飲んで、お酒と一緒に水も置いて、こまめに水分補給しながらお酒を飲むことで、悪酔いも軽減できますよ。

 

二日酔いの防止に効果のある飲み物

しかし飲み会の後で、気持ち悪くなるのを知りながらお酒を飲むのは、ちょっと気が引けますよね。

そのため事前対策としてお酒を飲む前に、私もヘパリーゼやソルマックやウコンなどの栄養ドリンクを飲んでみたのですが、それほど効き目があるようには感じませんでした。

でもただひとつだけ、二日酔いに効果がある飲み物がありました。

それは「スポーツドリンク」です。

いろいろと調べてみると、スポーツドリンクは二日酔いで気分が悪くなった時に飲むのが効果的と言われています。

確かにアルコールを摂取したあとの利尿作用によって、体の水分が不足したときにスポーツドリンクを飲むのがいいのはわかります。

しかしお酒を飲む前に、水分や糖分やナトリウムやカリウムなどのミネラルを補給できる飲み物を摂取しておくのも、一つの手ではないでしょうか。

アルコールには利尿作用があるため、飲んだ後は体から水分が排出されて脱水状態になりやすくなります。

その脱水のために、頭痛や吐き気といった二日酔いの症状の原因になります。

ですので、お酒を飲む前に水分と栄養素を取っておくのです。

スポーツドリンクの種類

スポーツドリンクの種類は「ポカリスエット」「アクエリアス」「ダカラ」「アミノバリュー4000」などいろいろあります。

「ポカリスエット」や「アクエリアス」なら、コンビニやスーパーやドラックストアに売っていますよね。

私は居酒屋などへ飲みに行く前に、コンビニによってポカリスエットの500mlのペットボトルを1本購入して飲むこともあります。

あまり飲みたくない時でも、だいたい半分ぐらい飲んで、飲めるときは全部飲み干します。

「ポカリスエットなんて飲むと、居酒屋へ行った時のビールの最初の一口のうまさが台無し!」という方もいますが、ここは二日酔いにならないための対策として割り切ってください。

ポカリが飲み切れずに残った時は、飲み会の最中にそばに置いておいて、水分補給のためにちょっとずつ飲みます。

意外かもしれませんが、これによって二日酔いの頭痛や吐き気はほとんどおきません。

それによって二日酔いの症状が、かなりおさまるのです。

ただこの方法も、お酒を飲む量やその人の体質によってあまり効き目がない場合もありますので過信しないでくださいね。

またお酒と一緒にスポーツドリンクを飲むと、アルコールの吸収を助けてしまって酔いが回りやすいという話もありますが、これは違うようです。

ポカリスエットをつくっている大塚製薬によると、実際にはそのような報告はないのだとか。

お酒を飲む前や飲んでいる最中や飲んだ後などの、どのタイミングでスポーツドリンクを飲んでも問題はないようですので、好きな時に飲みましょう。

 

スポーツドリンク以外で効果のある飲み物は?

ただスポーツドリンクは多くの糖分を含んでいます。

例えばポカリスエットの500mlのペットボトル中には、33.5gの糖分があり、これはスティックシュガー(3グラム)の11本分に相当するそうです。

けっこうな量ですよね。

飲みやすいために甘さをあまり感じることがありませんが、思いのほか糖分が多いことが分かります。

ポカリスエット以外のスポーツドリンクも、多少の差はありますが糖分を多く含んでいます。

お酒を飲むためにいつもスポーツドリンクを飲んでいると、そのたびに血糖値の上昇を招いてしまって、そのうち糖尿病になってしまう可能性もあるとか。

スポーツドリンクはどちらかといえば、激しい運動をする人が、汗で失われた水分や塩分を補給するための飲み物です。

普段あまり運動しない人には適していない飲み物なのですね。

運動しない人もたまに飲むぐらいならいいのですが、毎日500mlのペットボトル1本を飲むと、糖分の取りすぎで体に悪影響を及ぼしてしまいます。

お酒もそうですが、スポーツドリンクの飲みすぎにも注意しましょう。

体に負担の少ない飲み物は?

そうなると、スポーツドリンク以外の体に負担の少ない、二日酔い対策の飲み物は何か?

これはもう基本に戻りますが、

それは水か炭酸水です。

二日酔いはお酒による利尿作用によって、体の水分が不足してしまうことが原因のひとつです。

ですのでお酒を飲む前に、水か炭酸水を飲んでおくのです。

特に炭酸水はビールやハイボールと同じように、シュワっとした炭酸の刺激がある飲み物です。

最初に炭酸水を飲むと、そのあとに飲むビールやハイボールのおいしさが軽減してしまいますが、飲み過ぎを防ぐためにはいいかもしれません。

それにある程度の水をお腹に入れておくことで、脳の方も満足してしまい、必要以上の飲み物をほしがらなくなります。

そして最初に水分を取っておくことで、お酒を飲むことによって起こる体内の水分不足をある程度解消できますので、二日酔いになりにくくなります。

こうした利点があるのですね。

ただ炭酸水は一度フタを開けてしまうと、そのあとはフタを閉めても中の炭酸が抜けてしまって水の味がまずくなります。

そのため飲み会中に時間をかけて水を飲むときは、炭酸水よりも普通の水のほうがおすすめです。

500mlの水をコンビニで買って、最初に半分ぐらい飲んでから、飲み会のときもお酒と水を交互にちびちび飲んでもいいですよね。

私は500mlの水を2本購入して、飲み会の前に1本飲み干して、もう1本はお酒を飲んでいる最中に飲みます。

外で飲むときだけでなく、自宅で飲むときにも試してみてください。

いかがでしたでしょうか。

お酒を飲んだ後でもいいのですが、飲む前に水やスポーツドリンクでなるべく水分を取っておくこともおすすめです。

そしてこの方法を試せば二日酔いを完全に防げるというわけではありません。

飲み過ぎてしまえば体内の水分がなくなってしまい、何もできないほどのつらい二日酔いになることもあります。

「自分で飲めるお酒の量や種類」をあらかじめ知っておいて、お酒がグイグイ飲める体調のいい時でも、人からガンガンお酒をすすめられても適度にセーブしながら飲むことが大事です。

翌日に影響しないように、お酒を楽しみたいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました