かぎわけログ

独自に取り上げたニュースや話題を配信していきます。

婚活パーティー

婚活パーティーでのカップリング後のデートの断り方

投稿日:2017年10月23日 更新日:

婚活パーティーに行ってカップリングに成功した後。

家に帰ってから冷静に考えてみると「自分と合わない人とカップリングしてしまった!」と感じる時もあると思います。

婚活パーティーは短い時間の中で、その時の雰囲気やテンションで相手を決めてしまって、カップリング成立後に後悔してしまうこともあります。

でもその後、相手からお誘いの連絡が頻繁に来て、それに返信するのが面倒くさくなってしまったり。

一度デートしてみたものの相手のイヤな面が見えてしまい「2回目は行きたくない」と思ってしまったり。

カップリングして何度デートしても恋愛感情が全くわかないという方もいるでしょう。

そんなとき男性もそうですが特に女性は「どう相手に断ったらいいか?」で悩む方もいると思います。

断るときに「あなたとはお付き合いできません」というのも勇気が入りますよね。

ここでは婚活パーティーでのカップリング後の断り方を説明していきます。

婚活パーティーで連絡先を交換するときは?

婚活パーティー中やカップリングが成立したとしても、まだ相手のことをくわしく知らない状態ですので、この時点では個人情報はなるべく渡さないようにしましょう。

「自分の家の住所」や「勤め先」などはプロフィールカードに書く場合もあります。

自分の住所や勤め先などは特定されないように、くわしく書かないようにしたり、会話の中でも相手に知られないように気を付けておきましょう。

また連絡先の交換はカップリング後は、LINEやメールアドレスの交換だけにしておいて、電話番号は伝えないようにしてもいいですね。

その後、LINEやメールアドレスで連絡を取り合って何度か会って、お付き合いが継続できそうなときに電話番号を伝えてもいいと思います。

LINEやメールアドレスだけのほうが連絡を拒否するときに簡単ですからね。

カップリング後に断りたいとき

婚活パーティーでカップリングした相手と「連絡を取りたくない」「会いたくない」ときの関係を断つ方法として、

・キッパリとことわる

・会えない理由を告げて自然消滅を待つ

・連絡をブロックする

などがあります。

一番ベストな方法は「あなたとはお付き合いできません」ときっぱりと相手に伝えることです。

特に女性からすると、相手の男性にきちんとことわりの連絡を入れるのは勇気がいると思います。

なかなかそれが言い出せずに連絡を取り合っている方もいるのではないでしょうか。

しかし相手側からすれば「イヤなことでもハッキリと伝えてほしい」と思っている方も多いですし、その方が辛いですけど踏ん切りがついて、また別の相手を探すことができます。

ことわるときは丁寧な文章で伝えましょう。LINEやメールアドレスでの例文としては、

「この前はありがとうございました。

色々考えた結果、申し訳ありませんが○○さんとはご縁がなさそうに感じました。

お話していて楽しかったのですが、お付き合いというところまでは考えることができませんので、連絡のやり取りはこれで最後にしたいです。

私は今後も婚活を続けていきます。○○さんもまた良い相手と出会えることを願っております。」

という断りの文章を送ってみてはどうでしょうか。

今後も婚活パーティーに参加するつもりなら、断った相手の方と出会う可能性もあります。

出会ったときに気まずくならないように、婚活は継続していくことを伝えておいてもいいですね。

 

「会えない理由を告げて自然消滅を待つ」という方法

カップリングした相手ともう会いたくないけど、断るのが気が引けるというとき。

なんとなく返事を先延ばしにして自然消滅を狙うという方法があります。

相手からデートの誘いがあったときに

「お誘いありがとうございます。でも今は仕事が忙しいので会う時間がつくれません」とか。

「都合が良い日がわかり次第、こちらからご連絡致します」

といった感じで相手の返事をかわす方法があります。

これでお互いに連絡することがなくなって、関係をフェードアウト(自然消滅)することもできるのですが。

中には「いつ返事が来るのかな?」と、ずっと期待を持って待ち続けてしまう人もいます。

そんなにいないと思いますが、こうした人が結構やっかいなのですね。

相手はいくら待っても返事が来ないことでイライラしたり執着心を持ってしまうこともありますので、中途半端な引き延ばし策はあまりしない方がいいでしょう。

こうした返事を引き延ばす意味を分かってくれる人もいますが、中にはわかってくれない人もいますので、付き合えないときはきっぱりと断った方がいいです。

 

LINEやメルアドの連絡をブロック

LINEにはメッセージや通話などを一切受け取らないようにする「ブロック」機能がありますし、メールは「迷惑メール」の設定ができます。

これで相手からの連絡を遮断することができます。

カップリングしたけどやっぱり付き合いたくなくて断りたいという場合。

相手からの連絡を一方的に遮断することができますし、連絡が来たとしても未読のままで相手に返事を返さないという方法もあります。

自分がこんなことをされるとやり切れない気持ちにもなりますが、婚活パーティーでは相手と突然連絡が取れなくなることはけっこうあります。

特に女性の場合、カップリング相手の男性に「お断り」の連絡を入れたときに、相手の態度が一変して文句を言ってくる人もいるかもしれません。

しつこい迷惑な行為をされたり、身の危険を感じときは一方的に連絡を遮断して返事を返さないようにしましょう。

人それぞれ断る理由はあると思いますが、LINEの既読スルーやブロック、フェードアウトや自然消滅などはカップリングパーティーや街コンなどではけっこうあります。

相手から連絡を断たれると辛いですし落ち込むこともありますが、あまり悩まずに次に行きましょう。

-婚活パーティー

           

関連記事

関連記事はありませんでした


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください